見せ方ひとつで印象が大違い?展示会の準備は入念に行おう!

展示物の特性に合わせた会場設営の重要性

展示会は商品やサービスなどを分かりやすい内容で公開する場なので、対象物の印象を良好なものに出来る工夫が不可欠です。会場の設営は展示物の特性に合わせて行うのが重要なポイントなので、事前の入念な打ち合わせが必須になります。また、展示物によっては音声や動画なども併せて公開するので電気設備の管理も必要になります。展示会は不特定多数の人が出入りする場なので、安全が確保出来ていることも設営する側に求められる姿勢です。近年では展示物のジャンルごとに設営方法のマニュアル化が進み、経験が少ない人でも宣伝効果が高い会場設営が可能になっていますが、その一方で個性的なレイアウトの展示場設営を手掛ける業者も増えています。そのため、展示会を開催する目的に合わせて判断することが大切です。

展示会の事前準備を効率良く行う工夫

展示会の設営は会場の広さや付随設備の有無で必要な準備が異なるので事前に会場の構造を把握しておくのが重要になります。特に築年数が長い建物にある会場は設備の規格が現在の機器に適合しない可能性もあるので、変換器などの特殊な機器を用意する必要があります。そのため、設営の際は必ず会場の下見を行い、必要な機器や資材を確保しておくのが作業の効率化に不可欠です。屋外の展示会は天候に左右されることが多いので日光や風雨を防ぐための設備も用意します。また、配線設備の安全確保も設営側の責任なので、展示会の開催者と設営業者の意思が共有されていることがトラブルの無い展示会にするための条件です。

展示会の施工をする際に、考えるべきポイントがあります。展示会は短期間のものが多く、なるべく壊しやすい作りを考えることと、次回の展示会でも再利用できるような工夫が必要になってきます。