営業倉庫の倉庫の種類と扱っている品物の違いとは?

一般倉庫や普通倉庫と呼ばれる最も多い物流の拠点

営業倉庫として業種を行っている企業にも扱う倉庫によって、従業員の作業方法や商品の扱い方に違いがあります。

一般倉庫や普通倉庫と呼ばれる倉庫は、ごく一般的な倉庫ですが、多くのジャンルの製品を保管管理する事が可能なタイプになります。扱う製品には、常温で問題のない食品や加工品などをはじめ、原材料や家庭用品といった様々な製品を保管管理したり荷役作業をおこなったりしています。営業倉庫の中でも最も多い倉庫の形態で倉庫業の基本的な業務内容といえます。

冷蔵食品だけでなく、医療関係品も保管可能な冷蔵倉庫

冷蔵や冷凍が必要な製品をはじめ、医薬品や医療の現場で使用をしている医薬品をはじめ、血液なども保管している事もありあす。また、倉庫内の気温は10度から-40度程度までの温度管理が可能になっている倉庫が冷蔵倉庫になります。

冷蔵倉庫で働く人の多くは、寒さ対策として防寒具を着用しての作業になりますが、それでも倉庫内の気温があまりにも低いので、1度に連続して行える作業時間は短めに設定されていて、従業員の作業場での安全性を確保している企業が多くなっています。

原木ならお任せの保管場所が水面の特殊な水面倉庫

普通倉庫や冷蔵倉庫と比べると特殊な部類の倉庫になるのが、水面倉庫になります。水面倉庫で保管をする製品は基本的に原木になります。簡単に言えば、水面上に原木を並べて保管をする形態の倉庫になるので、普通倉庫や冷蔵倉庫と比べると実際の倉庫数も決して多くはない事がわかります。現在は製材加工をしてからの輸送や移動が基本になっているので、全体的な保管数は減少傾向にあります。

3PLとは「3rd PARTY LOGISTICS」の頭文字を取った言葉で、物流業界などで使われています。