社員研修の新しいカタチ!eラーニングを使う場面とは?

理解を強制できるeラーニング

社員研修の方法としてだんだんと広まってきているのがeラーニングです。社内システムやWeb上にeラーニングのシステムを導入しておき、社員にアカウントを発行してしまえば準備ができます。eラーニングはテキストを社員に読ませて、その理解度をテストによって調べるという形で実施されるのが特徴です。理解が浅い場合にはやり直しをさせて確実に一定以上の点数を取れるようにするシステムになっています。このため、eラーニングを活用するとテキストに記載されている内容を強制的に理解させることができるのがメリットです。講義をしても理解が浅いということはよくありますが、eラーニングならテキストを何度も読んで覚えられるまでテストを受けさせることができます。社員に覚えてもらわなければならないことを伝えるのに役立つシステムです。

ケーススタディーにも有効

eラーニングは社員の能力を高めるために活用することも可能です。ただ理解を促すだけでなく適切な判断を取れるようにトレーニングをするためのテストを用意することもできます。典型的なのはケーススタディーによる研修の実施であり、具体的な事例をテキストで読ませてそのときに行うべき判断や行動についてテストで確認するという方法です。トラブル対策が必要な業種にとっては欠かせないトレーニングになります。初期の社員研修で実施しておくと戦力として速やかに働けるようになると期待できるのがこのようなeラーニングの魅力です。

社員研修とはその会社の沿革、理念や構想、今後の展開について理解を深めることから始まります。そのあと、自分が就く仕事で必要なスキルを磨くための座学などを通じて実務で通用する力を身につけていきます。