誰でも利用できるの?メリットには何があるの?

事前に利用するための申請をしなければいけない

個人事業をしていて事業所得がある人や、不動産を所有していて不動産所得があるなら、確定申告の時に青色申告をするとよいかもしれません。青色申告を行うと、いろいろなメリットが受けられます。では誰でもいつでも利用できるかですが、利用には条件があります。事前に申請書を提出しないといけません。原則としては、その年分で受けようとするなら3月15日までに申請しておかないといけません。確定申告までにすればいいように感じますが、確定申告は前年分の申告になります。そこで青色申告をしたいなら、前年の3月15日までにしておかなければいけません。例外は1月16日以後に開業した人です。その人は開業後2箇月以内に申請書を提出すれば適用されます。

どんなメリットがあるかを知って利用する

確定申告をするとき、白色申告と青色申告があります。白色申告は特に申請などは必要ありません。誰でもいつでも行えます。青色申告は事前に申請が必要で、帳簿作成でも一定のルールがあります。簿記の知識がないと簡単にできないかもしれません。青色申告をしたいなら、まずはどんなメリットがあるかを確認しましょう。一番は青色申告特別控除の適用でしょう。最高で65万円を控除できます。その他に、専従者給与を経費にできます。家族ぐるみで自営業などをしているなら、家族に支払った給料が経費になり、節税に役立ちます。ただ、すべての人が得になるわけではありません。知らずに行って手間だけが増えては意味がないでしょう。行う意味があるかきちんと確認しましょう。

確定申告の際、青色・白色のどちらを選択するかで悩んだ末、手軽そうな白色を選ぶ方も多いです。しかし、青色申告の場合、最大65万円の控除が受けられたりとメリットも大きいです。