電気製品はここから始まった!?「鉱石ラジオ」を作ってみよう!

「鉱石ラジオ」ってどんなもの?

電気製品を自作することなんてあるの!?という人の中にも、子どもの頃や学校の技術の時間などにAMラジオを作ってみた、という経験のある人は意外と多いのではないでしょうか?そう、AMラジオの製作は電気製品の自作をする上では、基本中の基本といっても良いでしょう。

そんなAMラジオの製作ですが、今回はその原点とも言える「鉱石ラジオ」についてご紹介してみたいと思います。

電源がないのに、音が聞こえるって本当!?

AMラジオの原理は、AM電波をアンテナで受信してその電気信号を音に変えるというもの。原理を知ると、案外簡単に思えますよね。

そのAMラジオの原理を直に体験できるのが、「鉱石ラジオ」です。鉱石ラジオとは、黄銅鉱などの鉱石を用いた「鉱石検波器」を用いて受信した電波を、直接音に変換する原理のラジオを指します。ただし現在では、鉱石検波器の変わりにゲルマニウムダイオードを使用したゲルマニウムラジオが一般的です。

この鉱石ラジオ(ゲルマニウムラジオ)のすごいところは、電波のエネルギーだけで音を聴くことができるという点。電源コンセントや電池も使わずに音が聞こえるというのは、なんだか不思議な感じがしますね。

鉱石ラジオは電気製品自作の第一歩

鉱石ラジオは回路がとても簡単で、材料費も少なくてすむため初心者でも簡単に作ることができます。ただしとても微弱な電波信号なので、アンテナを大きく広げる必要があったり、電波が弱いところではほとんど音が聞こえない場合があるのが少し問題点と言えるでしょう。

構造がシンプルなので、電波の受信の原理を一目で理解できるのが鉱石ラジオの大きな魅力です。電気製品の自作というとなんだか大変な気がしますが、まずは鉱石ラジオからはじめてみてはいかがですか?

ほぼ全ての電子製品に使われているプリント基板設計は、その製品を動かすべく司令塔の要となります。これからのAI、IoTが進んでも無くてはならないものです。